わたしがジーンズを買わない9つの理由 - ロマンスのロマンスによるロマンスの話
flower border

あま~いあま~いパーソナルデザインの話

#ロマンスタイプ #ストレートタイプ #サマータイプ

わたしがジーンズを買わない9つの理由

Categoryロマンスのロマンスによるロマンスの話
ロマンスタイプとジーンズ
ロマンスタイプにとってジーンズは絶対ダメなボトムではありません。

でも、わたしは買いません。
そのわけは

①年に3回ほどしか着ない

②コストパフォーマンスが悪い
お直しをしないと着られないのでお直しに3000円はかかってしまいます。
それで毎日着るのならいいですが、上記のように数回しか着ません。
ジーンズよりもスキニーやモンペパンツを愛用しています。

③セミフォーマルへの対応が難しい
そのままお見合いに行ける装いとは言えません。
婚活はしていませんが、そのままお見合いに行ける程度の装いというのを基準にしています。

④椅子なら良いけど畳に座りにくい
よって、家でも着ずらいです。

⑤ごつくて洗いにくい、乾きにくい
日本は湿気が多いです。
ティム・ガンは好きですが、湿気の少ない国と同じようにはできません。

⑥他のボトムスでかわいくもセクシーにもなれる
ジーンズでなくてはならない理由が特にありません。
ナチュラルタイプならジーンズで無くてはならないこともあるのかもしれませんね。

⑦なんだかんだでハイヒールと合わせることになる
本来アクティブなはずの装いがアクティブではなくなります。
運動靴を履きたければ、ジーンズではなく、てろてろサテンのパンツのほうが合わせやすいです。

⑧ロマンス要素よりフェミニン要素で使いにくい
少し間違えるとみすぼらしくなるのです。

⑨服を増やしたくない
ジーンズは一つは持っていても良い服ではあります。
でもわたしは服はなるだけ増やしたくないのです。

という理由で、わたしはジーンズは要りません。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment